帝京大学 授業評価

鬼仏表 > [ 帝京大学  投稿]

 
教官荒井邦壽
教科(講座)プロジェクト研究
投稿者
投稿日2009年09月13日
評価やや仏
テストあり
レポートなし
出席あり
コメント【授業内容】 授業の度にプリントが配布され、黒板に板書されるものをメモしたり、先生の発言をメモします。 配布されるプリントは、新聞記事をコピーしたものであることが多く、授業の大半はその新聞記事の解説が行われます。 テキストとして指定されている本を1冊でも読んでおけば、授業の理解を深める上で役に立ちます。ただ、読んでいないからといって困ることはありません。 【試験内容】 プリントや参考文献の持ち込みが許可されています。小論文形式で、出題される問題は事前に授業で発表されます。 原稿用紙数枚分書くことになりますので、事前に文章を用意しておき、試験時間中はその用意してきた文章を写すと良いでしょう。 試験時間が始まってから文章を考え出したら間に合いません。 情報を整理する力と長めの文章を書く力が必要とされる授業です。 【シラバス】 http://www.e-campus.gr.jp/syllabus/2009/syllabus/SY_3941.htm
ツイート